白いローズ

新着記事

唐木仏壇

中国が唐だった時代に、唐から輸入した木材を用いて作られた仏壇のことを唐木仏壇といいます。総無垢で作られた仏壇は非常に価格が高くなります。お手頃な無垢厚板張りやビニールに印刷する工法のものもあります。

家具調のデザイン

日本の住宅事情の変化により、伝統的な仏壇では部屋とマッチしないという問題が生じました。そのような問題を解決するために登場したのが家具調仏壇です。価格もリーズナブルで洋風の住宅にも馴染みます。

特別オーダーもある

満足いく仏壇を見つけることができないという方に適しているのが、オーダーメイドの仏壇です。自分で全てを選んでゼロから作ることができるため満足殿高いものが手に入ります。こだわるほど価格は上がりますので注意が必要です。

金仏壇の価格相場

遺品の供養も行なってくれる頼れる遺品整理業者がコチラになっています。故人もきっと天国で喜んでいますよ。

インテリアとしても最適な仏壇がコチラで見つかります。お部屋の雰囲気に合わせて大切な家族のための仏壇を選びましょう。

宗教によって購入する仏壇も大きく変わってきます。特に金仏壇を購入する場合は本願寺系である場合が多くみられます。金仏壇の場合、白木の素材を金で塗装して作られ、日本の伝統的な漆工技術を取り入れて手作業で仕上げることも多くみられるため、金箔の輝きが人気の理由です。また金仏壇の場合、基本的に使用する金も金箔や金粉を使用します。金を薄く叩いてできる金箔は厚みがあればあるほど価格が高く、仏壇に塗装される金箔も厚みがあればあるほど価格もあがります。高級な仏壇には大判と呼ばれるかなり大きいサイズにカットされた金箔を用いている場合もあり、この大きさの金箔を扱える職人も少ないことから価格も一気に高騰します。金箔よりも価格の高い仏壇に使用されることが多いのが金粉を使用したもので、特に彫刻が多く施されたものに使用されます。金箔仕上げのものに比べて輝きが抑えられ、彫刻が生きるので品格や重圧感がアップします。場合によっては金箔か金粉かで価格が3倍以上も違うこともあります。

仏壇には基本的に二重の扉がついていますが、内側を障子、外側が雨戸と呼ばれます。これらの扉の取り付け方によっても仏壇の価格は大きく変わります。基本的に前開きの場合は、場所を取らない分、スペースが無い家庭や小型仏壇で多く使用される扉の形です。また、前開きとは別に金仏壇で使用される扉の形に三方開きという扉のデザインがあります。これは、二重の扉を前に開き、更に左右に広げることが可能になっています。大型デザインのものに多く見られる扉ですが、扉が大きい分内装に使用する金の量もかなり多くなるので必然的に価格が高くなります。

金仏壇は全国に普及しているスタンダードなデザインの他にも京都型や名古屋型など、地方によってもデザインが大きく変わっています。昔からの伝統や宗教などが地域ごとで異なるので、デザインや素材も変わり、価格にも違いがうまれているといえます。基本的に全国共通のスタンダードな金仏壇は小型であり、地域の特色を無くして量産しているので比較的価格も安い傾向にあります。また、京都型と呼ばれるものは、上品さが魅力であり、金具等もあまり使用しません。シンプルなデザインであり無駄に金を使用していませんが、高級感はしっかりあることから、全国的にも高級ブランドとして人気があります。金仏壇には産地やデザインも多様であり、使用する金の種類も様々なので、価格も多様に存在します。

面倒な作業を代行してくれるので便利です。福岡で遺品整理を依頼するならここへ。買取サービスもありますよ。

モダンデザインを取り入れた仏壇は価格にもしっかり注目する必要があります。専門店では様々なサイズやデザインの仏壇が販売されていますよ。

オススメリンク

  • 金宝堂

    仏壇や仏具はネットで購入出来るようになっています。デザインや価格が様々なので、予算に合った品物を見つけると良いでしょう。