唐木仏壇

唐木仏壇は黒檀や紫檀など銘木と呼ばれている木材を用いて作られた仏壇のことを言います。木材そのものがもっている木目の繊細な美しさが魅力の仏壇です。明治時代に入ってから生産されるようになり、多くの人から愛用されています。中国が唐と呼ばれていた時代に、唐から輸入された木材が用いられたため、唐木仏壇と呼ばれています。

唐木仏壇に使われている技法は、江戸時代から伝わっている工芸技術を踏襲しています。唐から輸入された木材を日本の伝統技術で加工したものになります。唐木仏壇に使われている木は、現在では希少価値あり高い価格で取引されています。その為、すべてを無垢材で作った総無垢のものになると価格は跳ね上がり、なかなか手の出ないものになってしまいます。唐木の仏壇で使われている木材として代表的なのが黒檀です。インドネシアで取れる木材で、水に入れると沈むほど密度が高く硬さのある木材です。高い耐久性にがあり、乾燥性が高いため虫に食われにくくカビが生えにくいというメリットがあります価格が非常に高いため「木のダイヤモンド」といわれています。黒檀を使った総無垢のものの価格は非常に高くなかなか手が出しづらい代物です。そのひょかにも、桑といった高級木材や、紫檀、けやきといった木材を用いて作られたものを唐木仏壇といいます。

総無垢のものにはなかなか手が出ないという肩は、無垢厚板張りというものが良いでしょう。芯材は別のもので、その上から厚い無垢材の銘木を張り合わせたものを使って作られます。練り工法とも呼ばれ、値段は総無垢のものよりも非常に安くなります。その他にも、木目をプリントしたビニールのシートを芯材に貼り付け卯といった仏壇も出ています。安価な印刷のものは、短い期間で色褪せてしまうというデメリットがあります。長年使う仏壇なので、多少価格が高くても良いものを買い求める人が多くいます。